美容整形外科で用いられるレーザー脱毛

施術と施術の間の期間も、毛を抜くのはNGですが、剃っている分には問題ありません。また、従来の施術とは異なり、処理前に毛を伸ばす必要がなく、施術当日も剃って行ってOK。

美容整形外科で用いられるレーザー脱毛はアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー。毛根と周りの毛母細胞(体毛の元となる部分)のみを破壊するため、肌の表面を傷つけずに確実に永久脱毛を行うことができます。

毛には活動期・退行期・休止期があり、1度のレーザー照射では退行期や休止期のムダ毛を脱毛することができないため、1〜2ヶ月ほど間をおきながら、数回、レーザーを照射する必要があります(回数は個人差あり)。なお、レーザー治療には、肌の黒ずみや軽度のわきが・多汗症を解消する嬉しいオマケがあります。

いずれにしても、1本1本処理をする電気針とは違い、1回の施術は5〜10分程度で、全処理を終えるまでの期間も短く済みます。

脱毛に関するQ&A集



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。