ムダ毛 自己処理カテゴリの記事一覧

ムダ毛自己処理をするとき

ムダ毛自己処理後お風呂からあがったら、顔にするのと同じように、化粧水、乳液、クリームを塗りましょう。毛穴が開き、毛も普段よりは抵抗がないからです。ムダ毛自己処理は、はっきり言ってお勧めできません。跡が鳥肌になりやすいですし、色素沈着が起きてほかの肌と色が違ってきます。ムダ毛自己処理は肌が傷む上に、発毛サイクルを狂わせて埋もれ毛を作ってしまうことが多いからです。

ムダ毛自己処理にもいろいろありますが、一番良くないのがピンセットで抜くことです。特に腋のムダ毛自己処理をピンセットでやっている方は、特に注意が必要です。私も悶々としてきたら、ムダ毛自己処理をします。ツルツルになるとうれしいもので、その後に塗るクリームも伸びが違うというか、ムダ毛自己処理した後はとても気持ちがいいです。

大した毛量でもないのに、身体が軽くなるというか、意欲が湧き、私はムダ毛自己処理をしたくなります。ムダ毛自己処理でムダ毛が取れて、ストレス解消にもなるなんで、一石二鳥ですね。ムダ毛自己処理はそういう意味では自然に反していますね。顔の皮膚も手足の皮膚も元は同じで、手入れも本来は同じであるべきなのです。

ムダ毛自己処理をするときは、顔と体を別々に考えがちですが、本来は一枚の大きな皮膚という膜なのです。ムダ毛自己処理はストレス解消にもいいのではないでしょうか。もちろんムダ毛自己処理する方向は毛の流れに沿ってです。ムダ毛自己処理によって肌の角質層まで取れてしまって、とても肌に負担がかかります。

脱毛に関するQ&A集


ムダ毛 自己処理について

毛抜きを使用する場合、Vライン をあらかじめ清潔にして、蒸しタオルなどで温めて、毛穴を充分開かせます。Vライン のムダ毛は 自己 処理には本来、むいていません。できれば、v ラインの ムダ毛に関しては 自己 処理ではなく、医院やクリニックでレーザーやフラッシュを使った脱毛をするのをオススメします。

自己処理して万一、ばい菌などが毛穴から入った場合Vライン は場所が場所だけに病院にも行きづらいのです。Vライン ムダ毛 を自己 処理するならば、毛抜きをオススメします。

デリケートな部分ですし、Vライン ムダ毛 は、太くて濃い毛が生えているため 自己 処理、たとえばカミソリで剃ってもポツポツと黒い点々が残ってしまうし、毛抜きでムダ毛を 自己 処理するにしてもVライン はとても痛いです。脱毛後は、冷やしたタオルを赤みがひくまでのせておき、ムダ毛 自己 処理後数日は締め付ける下着などは避けて、できれば湯船も避けて清潔に保つようにしてください。

1回の脱毛は短時間で済みますし、肌がスベスベでキレイになります。でもやっぱり、Vラインの ムダ毛を 自己 処理したい場合は、Vライン は粘膜にも近いので薬剤で溶かす除毛クリームは避けたほうが無難です。

脱毛に関するQ&A集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。